FOR NON-JAPANESE : ENGLISH VERSION click here↓↓

直筆サイン入りイラスト色紙・直筆サイン入り複製原画の購入を検討している方へ
「はじめにお読みください」をご覧になって、参考にしてみて下さい。

 偽造防止のため?か、額縁裏側は封をされており、額縁を開けることができません。そのため、表面の透明アクリル板を外せないので、画像にアクリル板への映り込みが写ってます。見にくい部分もあると思いますが、ご了承下さい。
P1040706_blog
↑ 全体
P1040708_blog
↑ 全体 アップ
P1040709_blog
↑ 左下 エディション・ナンバー(50/250) アップ
P1040715_blog
↑ 右下 直筆サイン アップ
P1040718_blog
↑ 額縁裏側(封されていて開けることはできません)
P1040722_blog
P1040726_blog
↑ 額縁裏側に保証書?作品名がシールされています
P1050162_blog
 ↑ まんだらけオークション出品時のWebページ

【作品名】 :  「青春の夢」 エディション・ナンバー入り/直筆サイン入り 複製原画
【作者】 :  松本 零士
【エディション・ナンバー】 : 50/250
【印刷方法】 :  シルクスクリーン
【サイズ】 :  縦450mm×横450mm (額サイズ : 縦723mm×横709mm)
【制作年月日】 :  2003年
【制作販売元】 :  (株)アートコレクションハウス
【購入先】 :  まんだらけオークション
【保証書】 :  無し(額縁裏側に保証書?作品名がシールされています)
【額装】 :  オリジナル
【贋作可能性】 : 0%

【説明】 :
 2003年、(株)アートコレクションハウスさんから販売されたもの。当時価格不明。

【作者プロフィール】 :
 松本 零士(まつもと れいじ、1938年〈昭和13年〉1月25日―)は、日本の漫画家。本名、松本 晟(まつもと あきら)。石ノ森 章太郎と、生年月日が同じである。
 代表作は「銀河鉄道999」「宇宙海賊キャプテンハーロック」「クイーンエメラルダス」など。SF漫画作家として知られるが、少女漫画、戦争もの、動物ものなど様々なジャンルの漫画を描いている。アニメ制作にも積極的に関わり、1970年代半ばから1980年代にかけて松本アニメブームを巻き起こした。
 2012年、フランス芸術文化勲章シュバリエ受賞。

【オタクのひとり言】 :
 松本 零士氏の複製原画は、現在までに、数社から数多くの種類と枚数が販売されています。完売している作品もあれば、現在でも販売されている作品もあります。いずれにしても、販売された種類と枚数が多いためか、インターネットオークションで頻繁に見かけます。
 全国巡回している(株)アートスペースさん主催の「松本零士の世界」展では、
・(株)アートスペース ホームページ ↓↓
・某百貨店開催「松本零士の世界」展 広告用チラシ(2014年9月10日~16日) ↓↓
複製原画以外に、一点ものの直筆イラスト画も展示販売されています。直筆イラスト画については、希望する場合は、お好みのイラストをオーダーメイドできるとのことです(仕上げには数か月間かかるらしい)。展示会開催中に、ほぼ必ず一回は松本 零士氏のサイン会が行われます。展示会である一定金額以上の買い物をすると、サイン会に参加でき直筆サイン入りイラスト色紙を書いていただけます。興味がある方は、行ってみると良いですよ。複製原画販売の仕組みが良くわかります。
 この作品「青春の夢」についてですが、すでに完売しています。ですが!! 現在は(株)アートスペースさんから、「零士ファミリーⅡ」と題名を変えて、なんと!! 再販されています。直筆サインの位置・印刷方法(ピエゾグラフ)・額装の違い(サイズも違う?)以外は、同じようです。エディション・ナンバー入りで、エディション・ナンバーもリセットされています。詳細はわかりませんが、他の作品でも同様の仕様で、再販されているものもあるようです(「〇〇〇Ⅱ」、「〇〇〇Ⅲ」とか?)。松本 零士氏も承知の上なのでしょうが(直筆サイン入りなのですから)、このような商売の仕方はいかがなものでしょうかね。
 これから松本 零士氏の複製原画の購入を検討している方は、たとえ絵柄が同じであっても初版ものと再販ものの作品があることを、まず理解して下さい。題名と直筆サインの位置が違うようなので判断しやすいと思います。どちらもエディション・ナンバー入り・直筆サイン入りなので、大差はないと思いますが、こだわりがある方は購入前に必ず確認することをお勧めします。 

   お願い ・その1  
ブログランキングにご協力下さい。

   お願い ・その2  
「Facebook/いいね!」「Google+/+1」
にご協力下さい。