FOR NON-JAPANESE : ENGLISH VERSION click here↓↓

直筆サイン入りイラスト色紙・直筆サイン入り複製原画の購入を検討している方へ
「はじめにお読みください」をご覧になって、参考にしてみて下さい。

P1040873_blog
↑ 全体
P1040878_blog
↑ 全体 アップ
P1040882_blog
↑ 右下 直筆サインと制作年月日 アップ
P1040894_blog
↑ Yahoo!オークション出品時のWebページ

【作品名】 :  「釣りキチ 三平」 直筆サイン入り/直筆カラーイラスト色紙
【作者】 :  矢口 高雄
【エディション・ナンバー】 : ―
【印刷方法】 :  ―
【サイズ】 :  縦270mm×横240mm
【制作年月日】 :  1998年1月1日
【制作販売元】 :  ―
【購入先】 :  Yahoo!オークション
【保証書】 :  無し
【額装】 :  購入後にセミオーダー
【贋作可能性】 : 0%

【説明】 :
 1998年1月、親族の方への御礼の品として贈ったもの。1998年の描き始めの作品。同封物として、親族の方に宛てた、直筆のお礼状が入っていました。出品者の方は、友人から譲ってもらったそうです。

【作者プロフィール】 :
 矢口 高雄(やぐち たかお、1939年〈昭和14年〉10月28日―)は、日本の漫画家、随筆家(エッセイスト)。本名、高橋 高雄(たかはし たかお)。
 自然の中での生活をテーマにした作品を描き、代表作の「釣りキチ三平」「幻の怪蛇バチヘビ」で、釣りとツチノコブームを起こした。
 1987年、随筆(エッセイ)集「ボクの学校は山と川」「ボクの先生は山と川」を発売。これが教育関係者の注目を浴びることになり、学校用教科書への採択が相次いだ。

【オタクのひとり言】 :
 同封されていた直筆のお礼状については、公開は控えさせていただきました。その手紙には、親族の方の矢口高雄氏への心付けの内容と、それに対する矢口高雄氏の感謝の言葉が綴られています。この作品を描いた時の気持ちが伝わったてくる内容です。
 インターネットオークションに出品される物は、最初から売買を目的とした物、諸事情から仕方なく手放す物など、いろいろな物があると思います。古い色紙などは、故人の遺品整理品も多いと思ってます。それらの中には、私的意見ですけど、人の感情として絶対に売ってはいけない物もあると思っています。
 この作品はそんなひとつで、他人の私が持っていてはいけない気がします。インターネットオークションに出品時には、手紙の同封については明記がなく、知らずに購入してしまいましたが、もし矢口高雄氏が返却を希望するなら、お返ししても構わないと思ってます。いろいろと考えさせられる作品です。深く考えすぎですかね。

   お願い ・その1  
ブログランキングにご協力下さい。

   お願い ・その2  
「Facebook/いいね!」「Google+/+1」
にご協力下さい。