FOR NON-JAPANESE : ENGLISH VERSION click here↓↓

直筆サイン入りイラスト色紙・直筆サイン入り複製原画の購入を検討している方へ
「はじめにお読みください」をご覧になって、参考にしてみて下さい。

P1040760_blog
↑ 二枚組です(右側 赤Ver.  左側 青Ver.)
P1040773_blog
↑ 青ver. 全体
P1040784_blog
↑ 青ver. 全体 アップ
P1040786_blog
↑ 青ver. 右下 印刷サインとリトグラフ証明印 アップ
P1040793_blog
↑ 青ver. イラスト枠外エディション・ナンバー(0986) アップ
P1040797_blog
↑ 赤ver. 全体
P1040804_blog
↑ 赤ver. 全体 アップ
P1040814_blog
↑ 赤ver. 右下 リトグラフ証明印 アップ
P1040816_blog
↑ 赤ver. イラスト枠外エディション・ナンバー(0986) アップ
P1040828_blog
↑ 付属同封品の入っていた封筒
P1040822_blog
↑ 付属同封品(挨拶状・リトグラフ印刷の説明書・カレンダー3ヵ月分×4枚
P1040842_blog
↑ Yahoo!オークション出品時のWebページ

【作品名】 :  「機動戦士ガンダム」 エディション・ナンバー入り複製原画
【作者】 :  安彦 良和
【エディション・ナンバー】 : 986/?
【印刷方法】 :  リトグラフ
【サイズ】 :  縦365mm×横260mm
【制作年月日】 :  1997年
【制作販売元】 :  (株)サンライズ(非売品)
【購入先】 :  Yahoo!オークション
【保証書】 :  無し
【額装】 :  購入後にセミオーダー
【贋作可能性】 : 0%

【説明】 :
 非売品。1998年に(株)サンライズさんが、「機動戦士ガンダム」20周年の記念品として、関係各社(者)に贈呈したもの。安彦 良和氏の描き下ろし原画2点のエディション・ナンバー入りリトグラフ画。付属同封品は、カレンダー3ヵ月分×4枚・挨拶状・リトグラフ印刷の説明書。

【作者プロフィール】 :
 安彦 良和(やすひこ よしかず、1947年〈昭和22年〉12月9日―)は、日本のアニメーター、キャラクターデザイナー、漫画家、イラストレーター、小説家。「安彦 良和」は本名。
 アニメーターとしての代表作は「機動戦士ガンダム」シリーズ「クラッシャージョウ」「巨神ゴーグ」など。漫画家としての代表作は「アリオン」「ヴィナス戦記」「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」」など。

【オタクのひとり言】 :
 元々のオリジナルの額装は、一般的なアルミフレームの額縁で、非常にダサイです。現在の額装は、購入後にセミオーダーした額縁です。勝手に青Ver.・赤Ver.と呼ばせてもらいます。付属同封品としてカレンダー3ヵ月分×4枚が付属しており、使用方法として「額装のマットの上に一枚ずつセットしてご使用ください」と記載があります。 おそらく、カレンダー様の使用を想定して、日頃の御礼として、関係各社(者)に年末年始?に贈呈したものと思われます。エディション・ナンバー入りですが、986/?と印刷枚数の記載がないので、何枚印刷されたのかは不明です。(株)サンライズさんは、太っ腹ですね。
 参考までに、安彦 良和氏の機動戦士ガンダム関連の複製原画は、1998年12月に開催されたガンダムアーティスト展「ガンダムイラストレーションワールド-宇宙世紀絵画展-」で会場限定商品として2種類のリトグラフ画(限定300枚)が¥70.000で、また、2001年?に(株)アートコレクションさんから3種類?のシルクスクリーン画(限定200枚?)が¥250.000?で販売されていました。これ以外にも販売されていたかも知れませんが、私は確認はしていません。
青Ver. :
 ガンダムをバックに登場人物が描かれた作品は数種類あると思いますが、よく見かけるのは、アムロ1人・アムロとシャア・アムロとシャアとセイラなどで、今作品のアムロとセイラのツーショットは珍しいかもしれません。雑誌の挿入イラストなどでも見かけたりしませんね。
赤Ver. :
 今作品は、それこそ雑誌の挿入イラストなどで、よく見かけたりすると思います。ガンダムの主要登場人物が、表情豊かにコミカルに描かれいて、原作にはない暖かさ?を感じます。

   お願い ・その1  
ブログランキングにご協力下さい。

   お願い ・その2  
「Facebook/いいね!」「Google+/+1」
にご協力下さい。